小説のこと

『泡沫少女とイデアの少年』発売からもうすぐ一ヶ月が経とうとしています。

今やボーカロイド楽曲をつくっていた人間としては化石のような僕ですが、それでも、僕のことを音楽をつくる人間だと思われている方が多いことも知っているので、ツイッターでギャアギャアと騒ぐように小説の話もしにくいわけです。

というわけで、更新頻度も低く、アクティブビューワーが3人くらいであろうこの相当マニアックなブログにて、備忘録ならぬただの独り言のようにひとつ、残しておきたいと思います。

さて、何を独りごちたいのかというとですね、果たしてこの小説が、皆様に楽しんでいただけたかどうか、そればかりが僕にはとっても気がかりなのです。

僕は文字を読むのが遅く、一冊の小説を読み切るのに一ヶ月近くかかってしまうことは少なくありません。そして、文字を自分の力で読み解き、景色を想像し、感情を重ねるというのは、とてつもない労力が必要になります。

ただの持論ですが、小説は、コンテンツと読者の立場が同じ高さにあると思っ
ています。

コンテンツは読者に面白さを提供する代わりに、読者はコンテンツに労力と時間を提供する。
どちらがどちらを支配できる関係ではありません。
そのコンテンツは、読者から必要な労力と時間を提供されなければ、面白さを提供することをやめます。
逆に、読者はそのコンテンツから必要な面白さが提供されなければ、労力と時間を提供することをやめるわけです。
お互いがピストルを向け合っているとも言えますし、お互いが共生しているとも言えます。

何分大袈裟なようですが、意識を向けなくとも多少を享受することのできる映像や音楽と比べてみると、あながち言い過ぎではない気がしてくるかと思います。

それで僕は何を言いたいのかというと、小説を読むことは大変なわけです。
面白くなければ読みたくないし、読みたくなくなったら読まないわけです。

コンテンツの面白さを評価する上で、いろいろな尺度があるとは思いますが、殊、小説に関しては、それを最後まで読んでしまえたかどうかというのはひとつの面白さの純粋な指標であると僕は考えています。

小説『泡沫少女とイデアの少年』が発売されてからもうすぐ一ヶ月が経とうとしています。

果たして皆様がこの小説を最後まで楽しんで読んでいただけたのだろうか。
はたまた今も楽しんで読んでいただけているのだろうか。
それだけはやはり気になるものです。

皆様の貴重なお時間と労力、そして貴重なお金までいただいているものです。
そこまでこの小説に提供してくれているというのであれば、この小説が平凡であろうと駄作であろうと、楽しませなくては小説というコンテンツの意義が破綻してしまいます。

どうか皆々様が、『泡沫少女とイデアの少年』の世界を最後まで楽しんでいただけるような物語でありますように。と願って止まないこの頃です。
そして、いつまでも楽しんでいただけるような物語でありますように。




スポンサーサイト
.18 2016 雑記 comment0 trackback0

Good Morning

 流れていた。川も風も、草木も動物たちも、空も大地も、流れていた。

 少女はこの流れが好きだった。少女もまた、いや、少女だけが、流れていた。



 太陽が森の向こう側へと沈んで久しく、陽の光を失った空は、代わりに星たちを散蒔くことで夜を照らしていた。

 星明かりは、陽の光に比べると遥かに弱く、その光によって確認できるのは、夜の空も雲がゆっくりと漂っているということと、遠くに薄明かりの灯った街があること、そしてそのまた遠く、空と大地の境目に、黒々とした森があることくらいだ。

 辺りは静まりかえり、聞こえてくるのは、草原を撫でる風の音と、闇夜に溶け込むような虫の音。

 注意して耳を傾けなければ、気にも止めることができない、自然の音だけで満たされていた。静寂と言って何ら差し支えなかった。

 ふたりは、蒼が香る広大な草原にぽつりと座り、彼方に揺れる街の仄明かりをぼんやりと眺めていた。

「僕たちだけだったんだ」

 少年が静寂にひとつ声を零した。

「なにが?」

 暗闇のあるところから、少女の声が聞いた。

 互いの表情は伺う事ができない程暗いが、声のする場所から、ふたりが寄り添うようにして座っていることくらいは分かる。

 少年の声が応えた。

「僕たちだけだったんだよ。止まっていたのは。川も風も、草木も動物たちも、流れているんだ。この空や大地だってそう」

 薄明るくなってきた方の空を見つめながら、

「どうして気が付かなかったんだろう。こんなにも近くに答えがあったのに」

 しばらくの静寂。そして少女も白む空を見つめ、微笑みながら、

「そういうものなんじゃあないかなあ」

「え?」

 少し間の抜けた声の主が少女の方に目を向ける。

 少女も彼をちらりと見て、また空の方へ視線を戻す。

「答えに気付いてから、近くにそれがあったことに気付くものなんじゃあないかなあって」

「うん。それも、そうだね」

 少年は目を閉じ、一度だけ軽く頷きながら嬉しそうに返事をした。



 もうすぐ夜が明ける。



.06 2014 雑記 comment3 trackback0
  

プロフィール

ゆっけ

Author:ゆっけ




yukkedoluceとしてボカロを中心に楽曲制作してます。
拙い音ですが好きになってくれたらうれしいです。
HPにて楽曲配信中

HP
Twitter
Contact



FC2カウンター

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

リンク